本文へスキップ

吉祥寺動物病院 武蔵野市・杉並区・三鷹市・西東京市・練馬区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0422-55-1715

〒180-0006 東京都武蔵野市中町3-23-11

イグアナの病気

グリーンイグアナなどを飼われている方もだいぶ増えているようですが、その分病気や怪我も増えて来ています。
その原因は、食餌や飼育環境にある事が多いように感じます。



代謝性骨疾患
 
原因はカルシウム不足が多く、レントゲン上で脆弱な骨が確認されます。
重症の場合は、自然に骨折していたり、低カルシウム血症からくる痙攣がみられたりします。
血液検査によりカルシウム値やリンの値を調べ、低カルシウムならば餌の改善やカルシウム・ビタミン剤の投与、
日光浴(日射病に注意)などで予防していくと良いのではないでしょうか。
ただし、過剰なカルシウム・ビタミンDの摂取は過剰症や腎臓疾患を招きますので注意が必要です。




外傷による骨折
 
下のレントゲンのイグアナは家庭内での落下事故により左後肢頚骨・ひ骨(すねの骨)の骨折で来院されました。
血液検査上はカルシウム値なども正常で、上記の骨疾患ではなくまさに事故による骨折です。
ギプス固定のみでの治療も検討いたしましたが、骨折端がずれており良い結果がのぞめるかどうかの可能性を勘案し、
飼い主さんとの相談の結果、骨髄への金属のピンニングによる骨折整復の手術を実施いたしました。

左の写真が来院時、骨折部位です。右の写真が術後のレントゲンです。


術後、日数の経過と共にどんどん歩き出しましたが、代謝の遅いイグアナですのでピンを抜いたのは
数ヶ月してからです。切開部の皮膚の治癒もゆっくりペースで一時は心配もしましたが、現在は、治療を終了し元気に日常生活に戻っています。




吉祥寺どうぶつ病院吉祥寺どうぶつ病院

〒180-0006
東京都武蔵野市中町3−23−11
TEL 0422-55-1715 予約優先
9:30-12:00 16:00-19:00
木曜休診
日祝も通常通り診療


グループ病院
四谷どうぶつ病院 HP
東京都新宿区荒木町18-7
TEL 03-5363-5593 水曜休診